元NHKの相澤冬樹著『安倍官邸 VS NHK』とトークライブのお知らせ


クリスマスの25日は、母がお世話になっている訪問医の先生の年内最終の往診日でした。前回の血液検査の結果で血糖値が下がって安定しているので、このまま薬の服用で様子を見ます、血圧だけは高めなので薬を出していますとのこと。春から夏にかけて毎日インシュリンの注射を打っていたことから考えると本当に良くなって楽になりました。火曜日のヨガの後、そのままスーパーマーケットに寄って買い物をして帰ることもあります。ただ、信号を渡ってサンプラビル前から銀座通りを通ってイカリスーパーへは、やはり遠くてと、途中から帰ってきたことも。歩かないと足の筋肉が弱るのでと歩くようにはしていますが、無理は禁物、今度転ぶと寝たきりだからと用心しています。昼食のパンとおかずとサラダは自分で作って食べていますが、その他にも、父の好物だった大豆の煮ものを作ってくれたり、食材を買ってきたからと差し入れてくれますので、助かります。順調に回復してくれて一安心です。

処方箋をもって外に出たら、角のKさんが珍しくご夫婦で道路側から庭を見ておられます。東京に引っ越して行かれて、ご主人だけが東京から車で帰ってこられて高齢のお母さんの隣の家に住んで、毎日庭仕事に精を出しておられます。同一敷地内で二軒で暮らしているのは我が家と同じです。
昨日は、珍しく奥さんが帰っておられました。懐かしくて声を掛けました。ご主人より5つ年上と聞いていますので80を過ぎておられます。お元気そうで、ご自分の母親が103歳で亡くなったこと、大腿骨骨折以後寝たきりだったことなど話してくださったので、こちらのお義母さんは?と聞いたら、二人声をそろえて「元気、元気、99歳で元気」とのこと。毎日、社協の車が来ているのですがお顔を見たことがありません。

「8日までこちらだから」「えっ、年越し、こちらで?」「そう」「じゃ、またお茶でも」と私。若いころ(子供が小さいころ)、お友達のグループのお茶にご自宅に呼んで頂いたことがありました。この辺の方たちとは合わない、と言われて「???」でした。ピアノの先生で、ご自分は部屋いっぱいに大小のドラムを置いて、趣味はパーカッションと。千里に水泳に行かれて、そちらのお友達だったと思います。あれから、35,6年です。お母さんのお世話や介護でお忙しかったのかもしれないと思いました。私も父が亡くなったことを報告、奥さんは若いころの父の姿を、ご主人はつい最近まで(6,7年前?)元気に歩いていた父の姿を忍んでくださいました。
◎大阪の隆祥館という本屋さんがユニークなトークライブを次々と企画しているそうです。この企画は、元シンクロナイズドスイミングの選手で、あの井村雅代コーチに師事して、チーム競技で2年連続1位、2年連続世界第二位3位になったこともある二村知子さんがしています。隆祥館のブログによると「現役を引退して、隆祥館に入社。2011年から『作家と読 者の集い』と称して作家と読者の思いを直接つなぐト−クイベントを開催、メデ ィアでは、知らされていない真実を追求する場として注目されている」そうです。

内田樹さんがリツイート
二村知子
@ryushokanbook 12月13日

ただ今、相澤冬樹さんが、隆祥館書店にお越し下さっています。



週刊文春と『安倍官邸 VS NHK文藝春秋発刊
著者は「森友事件」の発覚当初から事件を追い続けたNHK大阪放送局の司法担当キャップ。
1/19(土)17:00〜隆祥館書店にて相澤冬樹さんによるトークイベント
詳細は

2019/1/19 相澤冬樹さんによる ト−クライブ 
  『安倍官邸 VS NHK 』 文藝春秋 発刊記念  司会:二村知子 企画No.219


********** 隆祥館書店からのお知らせ **********


 今回は、『安倍官邸 VS NHK 森友事件をスク−プした私が辞めた理由 』を 上梓された相澤冬樹さんにお越しいただけることになりました。



 著者は「森友事件」の発覚当初から事件を追い続けたNHK大阪放送局の司法担当キ ャップだった
次々に特ダネをつかむも、書いた原稿は「安倍官邸とのつながり」を薄めるよ うに書き換えられていく
NHKでも検察でも東京vs.大阪のせめぎ合いが続く中、 ついに著者は記者職からの異動を命じられた


記者であり続けるために職を辞し た著者が、事件の核心、取材の裏側、そして歪められる報道の現在を赤裸々に明 かす、渾身のノンフィクション。

   
 この事件については、近畿財務局の方が亡くなられているのにうやむやのままで、正義はどこにあるのか?と感じていました。
取材されていたのに、放送できなかったこと全てをお聞きしたいと思います。    この機会にぜひ!

●「週刊文春」でも、取り上げられました。

NHK森友スクープ記者が実名証言「特ダネへの圧力」
週刊文春」編集部
2018/12/12


 安倍昭恵首相夫人が名誉校長を務める小学校に対し、国有地が格安で払い下げられた森友事件。メディアが取材合戦を繰り広げる中、NHKは報道姿勢が消極的で、安倍政権への忖度が取り沙汰されてきた。

 このほど、NHKで森友事件を取材していた記者が、「週刊文春」に手記を寄せ、上層部の意向で、報道が縮小した経緯を明らかにした。

 今回、手記を寄せたのはNHK記者の相澤冬樹氏(56=現大阪日日新聞論説委員)だ。相澤氏はNHKの大阪報道部記者として、森友学園への国有地売却に近畿財務局の背任の疑いがあること、財務省森友学園側に「口裏合わせ」を求めていたことなどをいち早く報じてきた。だが今年5月中旬、記者から考査部への異動を告げられ、8月末にNHKを退職した。

http://bunshun.jp/articles/-/10000

●本が出版されて、即、NHKの側で「虚偽記述」と反論が:

山崎 雅弘さんがリツイート

清水 潔
‏@NOSUKE0607 12月21日



こちらの方が説得力あり


「虚偽の記述」などと公然と批判しながら、一切具体的なことを言おうとしないNHKの姿勢は、あきらかにおかしい裏を返せば、相澤氏の著書には、NHKがここまで隠し通さねばならないような、核心をついた記述があるということではないのか。https://lite-ra.com/2018/12/post-4441.html

NHKが“森友スクープ記者”告発本に卑劣攻撃! 圧力暴露を「虚偽」「ルール違反」とイチャモン恫喝、内部では口止め会議  2018.12.21

#StandWithOkinawa

山崎 雅弘さんがリツイート

津田大介
@tsuda 12月25日

沖縄二紙がドローン飛ばして上空から土砂投入の酷さを写真で伝え、それが沖縄県内外の反感を呼んでいる状況を受け、官邸はドローンの規制を考えているとの話が。
当初は土砂投入後の状況が報じられることで反対運動を意気消沈させる効果があると踏んで規制してなかったのだろう本当に最悪なやり口だ

Hiromi1961
@Hiromi19611


これ見て、なんとも思わない奴は、
二度と保守を名乗るな
二度と愛国を名乗るな

山崎 雅弘さんがリツイート

HaL
‏@iamHaLuetty 12月23日

いったい沖縄が何をしたというんですか?戦後73年米軍基地を押し付けられ
さらに
完成する目処も立ってない基地の
埋め立て工事、なぜ強行するんですか?


楽しいですか?安倍さん
菅さん
自民党公明党のみなさん