坂本龍一氏「経済的な支援ぬきの自粛は卑怯・危機は権力に利用されやすい」(朝日新聞)

内田樹さんがリツイート
とみ @meow164 3月30日

検査する。隔離する。医療を増強する。国民には補償を出す。

他国の政府が当たり前にやってることをやってない。

また、国民も国民で改竄に怒る。汚職に怒る。政府に怒る。

他国の人々が当たり前にやってることをやってない。

結果、こんな悲惨な状況になってしまった。

◎ 音楽家坂本龍一氏が今回のコロナウィルスに対する政府を「経済的な支援をせずに公演を自粛するよう求めていることはひきょうに感じる。見捨てるのか、ちゃんと国として支援するのか」と批判。私はこの「卑怯」という言葉が本当にピッタリだと思います。国民が税金を払って国会議員を選出し、行政を任せている政府なんだから、こんな時こそ指導力を発揮して責任を持って事に当たるべきなのに、無責任な『自粛要請』は責任逃れの卑怯そのものです。

f:id:cangael:20200325132723j:plain

坂本龍一清志郎が警告していた コロナ危機「その後」
有料会員限定記事 新型肺炎コロナウイルス
聞き手・定塚遼
2020年3月28日 7時30分

f:id:cangael:20200330193643p:plain

 新型コロナウイルスの感染が世界規模で広がるいま、ミュージシャンの坂本龍一さんは、2009年に亡くなった忌野清志郎さんの言葉を思い出している。自らが監督する公演も中止となったが、この非常事態を見透かしていたかのような盟友の言葉には教えられることが多いという。公演の自粛を要請した政府や、苦境にあえぐ音楽業界をどう見ているのかも聞いた。

――坂本さんが代表・監督を務める「東北ユースオーケストラ」が今月予定していた公演も中止になりました

 「コロナウイルスが終息するまでは、たくさんの人間が集まらない方がいい。お客さんが何千人と来るし、オーケストラが100人超、合唱が120人ぐらい日本全国から交通機関を使って来ることになっていました。いくつもリスク要因があったので、中止にせざるをえなかった。1年間、子どもたちが練習して努力してきて、晴れの舞台を迎えるはずだったので残念ですが、健康を守る、感染を拡大させないということが何倍も大事だということはわかっています。人間は自然の一部だし、仕方がないですね

――公演中止が相次ぎ、音楽や舞台の存続の危機を訴える声もあります。表現の場が縮小していく状況をどう見ていますか

 「人間は、歴史の中で何度も何度もこういうことを経験して、ヨーロッパの人口の3分の1が亡くなるとか、大きなパンデミックも経験してきている。それでもなお、音楽はなくならないまま、ずっと人類の歴史の中に存在してきたんですよね

 「こうした状況では、昨日と同…

f:id:cangael:20200325133005j:plain

途中から有料記事になるこのインタビューが朝日新聞の3月29日(日)の「文化・文芸」欄に掲載されています。インタビュー形式をとらず、発言の内容を簡潔にまとめて紹介されている分、要旨が分かり易くなっています。写真で記事を撮ってみました:

経済支援せず自粛要請「ひきょう」■緊急事態宣言は危険 

坂本龍一氏は、忌野清士郎さん(1951年4月2日 - 2009年5月2日)の言葉を引用して、「危機は権力に利用されやすい。『地震の後には戦争が来る。気をつけろ』って。彼は警告していた。」と「緊急事態宣言」の危険性に触れています。

f:id:cangael:20200329225840j:plain

f:id:cangael:20200330190657j:plain

 

 

 

 

桜咲いて連続ドラマ最終回と映画「12人の…」と「いなくなれ、群青」

 桜並木の北半分、古木の桜が咲き始めました。さすがの貫禄!

でも、老木ゆえの痛々しい姿も。枝の先が台風でやられたり

大きな枝でも落ちそうな枝は伐採されたりしています。

f:id:cangael:20200329094504j:plain

◎スカーレットが終わってから…と思っていたら遅くなってしまいましたが、メモ代わりに冬の連ドラの最終回を振り返って:

〇スカーレット(NHK朝の連続ドラマ)

大団円を最終話にもって来ないで早めに琵琶湖畔で済ませて、最終話では2年後、息子の武史(伊藤健太郎)は白血病で26歳で死去、夫の八郎(松下洸平 )とは元夫という関係のまま、最後は喜美子(戸田恵梨香)が登り窯に薪を突っ込む姿とスカーレット色に燃え盛る炎と見つめる喜美子のアップで終わりました。実在の人物がモデルだということですが、人生、いいことばかりじゃないし、また悪いことばかりでもない。幸せは人と人の関りにこそあるし、最後はみんなまた一人に。

滋賀県出身の俳優、林遣都さんや歌手の西川貴教さんが出演。隣人に財前直美。ふらっとやってきた陶芸志望で弟子入りして夫の八郎を誘惑?する女の子に黒島結菜。喜美子の作品のファンで風来坊のアンリを烏丸せつこ。喜美子の両親に北村一輝富田靖子。妹に桜庭ななみ福田麻由子、幼馴染に大島優子林遣都、大阪時代の新聞記者に水野美紀、帽子デザイナーの羽野晶紀、下宿のおばさんに三林京子。それぞれの登場人物の個性を丁寧に描き分けてとても印象に残っています。脚本家のインタビューです:

朝ドラ「スカーレット」最終回 喜美子と八郎「好きがこぼれてる」10年ぶり“敬語”再会シーンの秘話 | 文春オンライン

〇やすらぎの刻~道~(テレビ朝日

徹子の部屋」の後、倉本聰脚本で1年間連続ドラマの劇中劇「道」が25日『完』を迎えました(その2日後に最終回)。橋爪功風吹ジュンの90代半ばの老夫婦が、息子の一人の借金のため家屋敷田畑失って長男夫婦に引き取られることになり、最後の墓参りを済ませ、道に迷いながら何とか帰り道を辿る後ろ姿を映して終わりました。山梨県小野が沢を舞台に戦前、戦中、戦後を描いて見ごたえがありました。倉本さんの言いたいことをすべて言い終えて・・・という感じがしました。若いころを演じた風間俊介清野菜名のコンビも良かったです。戦後、大量生産、大量消費で山の暮らしが一変しますが、日本は本当にこれでよかったのか、便利になりすぎたのではないか・・・と屋根の上で徴兵忌避の自死を選んだ三平がそのままの姿で現れて二人に問いかけます。

娘や息子、孫を通して、日本の戦後のあらゆる問題を描き、東北大震災と福島の原発事故では津波で孫娘を失います。徴兵拒否で山へ逃げ込んだ鉄平の遺志を継いだ孫の炭焼きや蚕を飼って養蚕業を起こす夢も親が高齢者相手の詐欺で警察に捕まって全てはぶち壊される。惨憺たる家族の様子を描いて倉本聰さんは三平さんになって私たちに問いかけています、本当にこれでいいのか・・・。

テセウスの船(TBS)

22日の日曜日に拡大版で最終回を迎えましたが、期待が大きかったせいもあってかガッカリでした。毎回、父(鈴木亮平)と息子の心(竹内涼真)のやりとり、母(榮倉奈々)と子供たちの楽しい暮らしがどん底に落とされるのを、あんなにハラハラしながら見ていたのに、明かされる秘密がなぁ~んだという感じ。みきお(柴崎楓雅)が青酸カリを使ってまでたくさんの人を殺す理由が・・・最後の最後まで引っ張って、黒幕が逆恨みで・・・一寸それはないでしょというくらい拍子抜けでした。残念!

f:id:cangael:20200329102837j:plain

〇その逆だったのが「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う」(日本テレビ

タイトルからして見る気が削がれるドラマでしたが、これはダメかと思いつつ半分過ぎたあたりから徐々に面白くなって、二世代の役者(佐藤次郎横浜流星山口紗弥加清野菜名)の演技合戦にもなり、最終回は意外な展開になって終わり良ければあとは気にならないという感じに。最後まで突っ込みどころ満載でしたが、まさか直樹が自分自身に催眠をかけてパンダ(父親の復讐)の呪縛を解くため、リコを消しレンから直樹の記憶をそして自分の側でも一切の記憶を消してしまうとは。最後、記憶を失ったもの同士が喫茶店でパンケーキにシロップの直樹掛け、ふと視線が合っても他人同士というラストシーンがちょっと小粋でお洒落。

絶対零度~未然犯罪潜入捜査(フジテレビ)

これは最初の事件を起こした犯人の姉(水野美紀)と弟(高杉真宙)が、犯罪を未然に防ぐ組織を作る同じ思いで敵味方になって・・・という一寸複雑な物語になっていますが、リーダーの沢村一樹が熱演でしたし、一話一話も面白かった。仲間の横山裕、本田翼、水野美紀のアクションも。弟が施設を抜け出して以後、本田翼の前に現れるまでが謎でしたが・・・柄本明さん、こんな老人?が現役も謎?

〇知らなくてイイコト(日本テレビ

脚本の大石静さん、さすがの最終回でした。同じ時間で倍ぐらいの内容が詰まった最終回。そう簡単にめでたしめでたしで終わらせない。父親(小林薫)の殺人事件が実は無罪だという記事を書いた娘の雑誌記者・吉高由里子の原稿は没に。せめて父親にと届けた先でも父親は燃やしてしまう。実の息子の身代わりを最後まで貫く覚悟であり娘を認知しないのも殺人犯の娘にしないため。『知らなくていいこと』だと思い知る。一方、不倫の決着は意外にもカメラマンの柄本佑に子供を押し付けて妻は家出。子連れで一緒にならないかというプロポーズを吉高は断るも、思い通りにならなくなると「結婚しちゃうか」と言ったりする。今度は柄本に断られて・・・「最っ低男」の重岡くんが雑誌社を辞める時の捨て台詞どおり流行作家になって登場! 脚本の面白さはダントツでした。 

〇10の秘密(フジテレビ)

これも、毎回どうなるのか?と思いながらヒーローとは程遠い普通の建築会社の社員を演じた向井理に感情移入しながら見ました。渡部篤郎がなかなか敵か味方か、善か悪かの見分けがつかず、その境界線上でうまく立ち回る役が最後は魅力的でした。仲間由紀恵、自分の母子関係が娘との関係でも連鎖するのではという不安を持つ一寸キツくてエグイ女性を凛として演じて凄みがありました。

f:id:cangael:20200329094523j:plain

🔲映画「12人の死にたい子どもたち」 

安楽死を望む12人の集いを描いた冲方丁(うぶかたとう)の原作を堤幸彦監督が映画化。12人の子供たち:杉咲花新田真剣佑北村匠海高杉真宙黒島結菜吉川愛萩原利久、淵野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗、橋本環奈。
 1月31日にテレビで放送がありました。原作を文庫本で読んでいましたので、どのように映画化されるか興味がありました。原作の内容が、映像で、より分かり易くなっていました。杉咲花と集いの仕掛け人の高杉真宙はピッタリの配役で好演。

🔲映画「いなくなれ、群青」

河野裕(こうのひろし)の原作を柳明菜監督が映画化。3月20日にディスク化されたので見ました。これも今年になってから原作を文庫本で読んでいました。階段島から出るきっかけになる小さなエピソードが省略されていましたが、その分、七草(横浜流星)と真辺(飯豊まりえ)の二人の関係に一層焦点があてられ、階段島の景色や空気が映像にシッカリ映されています。

映画は七草のモノローグで始まります。「ここは階段島と呼ばれる。島にはおよそ2000人が暮らしている。どうしてこの島にやってきたのか、知る人はいない。真辺由宇。この物語はどうしようもなく、彼女に出会った時から始まる」

悲観主義の高校生の七草は理想主義者の真辺が階段島にやってきたことが許せず、魔女と取引をして真辺を送り出すことに懸命になる。そのこと自体、七草がこの島にいる自分を自ら否定していることになる。なぜなら、階段島は自分自身によって捨てられた人格の一部がいる島だから。ミステリーですが幻想的でちょっと難解、そして究極のラブロマンスでも。モノローグの最後の一節が映画の最後にもう一度七草によって繰り返されますが同じトーンではない。七草はもう一人で島に着いた頃の七草ではない。青春の、思春期の自我の成長物語ですが、群像劇としても描かれていて、とても瑞々しい。

柳監督インタビュー:

横浜流星、素顔とのギャップと“気”をまとえる演技力とは? - 映画 Movie Walker

f:id:cangael:20200329094818j:plain


 

「佐川氏の再喚問署名」と『金曜デモ』と3月のお茶のお稽古

署名、まだの方、ぜひコチラで!★ 27日は3月最後の金曜日でした。再稼働反対の官邸前抗議は「特別な1日」さんのブログ(『「自粛」を巡るエトセトラ』 - 特別な1日)によりますと、コロナウィルスのため、この日もお休みでした。SPYBOYさんが紹介されている首都圏反原発連合のステートメントの内容がとても良いのでおすすめです。原発事故から9年、金曜デモから8年をまとめて、今年の決意が語られています。

 東日本大震災の被災者、福島第一原発事故の被害者の皆さまに心よりのお見舞いを申し上げ、亡くなった方々に哀悼の誠を捧げます。

 2019年3月11日に発生した東日本大震災により引き起こされた、福島第一原発の事故から9年もの月日が経ちました。しかし、目の前にある現実は原発事故から一切学ばない安倍政権の愚策で、いま現在も原発は稼働しています。事故を収束することもできず、放射能汚染のために家に戻れない多くの人々が、いまだに避難生活を強いられています。国民はこの惨事から原発はいらないと気づいたにも関わらず、現政権は圧倒的な脱原発世論を無視し、愚かなエネルギー政策を推し進めているのです。

<中略>

 新型コロナウイルスの感染拡大の防止のために、各地の3.11関連の行事が中止、延期されています。私たち反原連も苦渋の決断をし、3月8日に予定していた国会前集会を延期しました。事故から10年目に向け集うことはできませんが、9年前の原発事故のリアルな記憶を呼び起こし噛みしめ、次世代のために脱原発への思いをそれぞれが新たにしましょう。廃炉技術者を養成し、一刻も早く全原発と核関連施設を閉鎖する。子どもたちに負の遺産を残さないことが、私たち大人の使命です。2020年が「原発廃炉時代」の幕開けとなるよう、尽くしましょう。

☆全文はコチラ:

◎金曜日は3月のお茶のお稽古日でした。中止の電話がないようなのでスカートに着替えて傘を持って出かけることに。先生のお庭に入るとまず馬酔木(アセビ)の花がびっしりと鈴なり、こんなに旺盛な咲き方を見るのは久しぶりです。

同じコーナーの奥に、真っ白な一角が。

これはまた細かい花がびっしり。ユキヤナギです。

コーナーの出口のアセビの向かい側は真っ赤なボケの花が満開。

f:id:cangael:20200327132535j:plain f:id:cangael:20200327132545j:plain 

ごめんくださいと声を掛けて玄関の扉を開いてビックリ!

お雛様の7段飾りが正面に。そういえば3月です。

f:id:cangael:20200327132647j:plain

同じ校区に住んでいる長男さんの子どもが3人の女の子。

学校が休みですることないから手伝わせて飾るのに大変だったとか。

活けてあるお花はつぼみの椿と伊予ミズキ(トサミズキより花が遅くて小さい)

黄色い花はキンレンカ(強い花であちこちに種が飛んで咲く)

掛け軸は「柳緑花紅」

そういえば団地のヤナギも我が家の庭木の芽も吹き始めています。

f:id:cangael:20200327133226j:plain f:id:cangael:20200327133231j:plain

 部屋に入ると襖が取り払われていつもと違います。水屋への距離を長くして歩く練習をするようにということでした。いつもより畳一畳分長くなります。半畳三歩が基本。

可愛い棚は即中斎の四方棚(よほうだな)です。

写真は二人目の方のお飾り。私は入り飾り(入りの字型に置く)でした。 

f:id:cangael:20200327145507j:plainf:id:cangael:20200327145538j:plain

 三月に合わせてお道具類はひな人形が描かれたものが出されていました。

主菓子は菜の花をイメージしたもののようです。

f:id:cangael:20200327143811j:plainf:id:cangael:20200327143900j:plain

f:id:cangael:20200327145622j:plain f:id:cangael:20200327151943j:plain

 3人目は立礼式。扇形のテーブルを使ってお茶を点てます。

f:id:cangael:20200327145933j:plain

お一人は老人会の会長さん。3月だけでなく4月も行事は中止とか。子どもたちだけでなくて高齢者も家にいるというのはストレスの原因。様子を見て人気のマージャンを再開したいとか。判断は難しいようです。

箕面も感染者が4人に。池田も4人ということでした。高齢化率の高い地域で70代の方が相次いで風呂場で倒れてそのまま亡くなられ、お通夜、お葬式と大変だったという話も。オリンピックのために東京のコロナ対策が遅れたのがどう出るか・・・とにかくしばらくは大変。来月のお稽古日を決めながら、4月はどうなっているかしら・・・と。

 

 

「撲滅ではなく、共生、共存」と「PCR検査」と「教科書に政権評価?」

内田樹氏のツィッターで懐かしい名前を見つけました。武道家の甲野義紀氏。20年ほど前、介護の人たちが寝たきりの人のお世話をするとき、身体を痛めない方法、力を使わないで軽々と抱いたり移動させたりする方法を教えておられました。確か当時本を買って読んだはずと二階に上がって文庫本棚を探ってみるとすぐ見つかりました。2冊ありました。PHPから2003年の出版。緑の方の帯「さらに進化を遂げた身体論!人間の未知なる可能性とは?」は名越康文氏が、赤の帯「桑田真澄投手を復活させた身体論の原点!」は内田樹氏が解説を書いています。

Wikipediaでは「甲野 善紀(こうの よしのり、1949年 - )は、東京都出身の武術を主とした身体技法の研究家。明星高等学校卒。東京農業大学畜産学科中退。古武術に関する著書多数」となっています。その甲野氏のツィートです:

内田樹さんがリツイート

甲野善紀   @shouseikan  3月26日

これは毎日に載った記事ですね。山本教授は「感染症の流行も人間を含めた生態系の維持に何らかの役割を果たしているかもしれない。それを今の私たちが知らないだけかもしれない」とも発言されていましたね。

引用ツイート

付箋 @KDystopia 3月26日

返信先: @shouseikanさん

感染症の専門家の山本太郎氏(長崎大学)は、撲滅ではなく、共生、共存、と仰っています。共生という言葉は、覚悟の必要な言葉であるのだと、この騒動を見て改めて痛感させられます。自分のなかの、自然との共生、闇との共生

f:id:cangael:20200327193526j:plain

◆朝食にやってきた母が新聞記事を手にしています。読売新聞の今朝の記事で「コロナも多様性の一つ」という「養老孟子さんに聞く」という解説記事です。

◆リード部分では「新型コロナウイルスの猛威が止まらない。この事態をどう受け止めたらよいのか。『バカの壁』などで、未知なるもの、分からないものに心を開くことの大切さを訴えてきた解剖学者、養老孟子さん(82)に聞いた。(編集委員 鵜飼哲夫)」

「おさえる手だては?」に「ここまでくると、即効策はないでしょう。ただ、爆発的な患者急増は医療崩壊を起こすので、ワクチンが出来るまでいかに感染を遅らせるかが課題になる。」「感染拡大は、国の習慣、文化の違いもあり、単純比較はできない。マスクの習慣があった日本と、なかった欧米。建築様式の違いやハグの習慣の有無もある。それとイタリアでは、お年寄りとの同居が多く、家族全員が出入りするコモンルームがある家が多いという。こうした生活様式と感染との関りもあるでしょう。でも、家の中でお年寄りが孤立したり、独居したりする国がハッピーかと言えば、そうではない。大流行の原因も対策も簡単には分からないのが現状です。」

f:id:cangael:20200328083455j:plain

f:id:cangael:20200328083500j:plain

◆「起こったことは仕方がない。その結果をいかに利用し、生き方を見直すか」が大事という養老氏のお話ですが、その通りですね。

内田樹さんがリツイート

青森太郎(ソウマシンキチ)@aokomaki 3月27日

人間どうしが争えば、ウイルスは倍増する。対照的に、もしこの大流行からより緊密な国際協力が生じれば、それは新型コロナウイルスに対する勝利だけではなく、将来現れるあらゆる病原体に対しての勝利ともなることだろう。」ー『サピエンス全史』のユヴァル・ノア・ハラリ

◆日本には日本の問題点があるし、これを機会に改善していけばよいわけですが、そのためにも起こった事態を隠さないでほしいと思います。「回避」できているのか「検査数が極端に低い」せいなのか・・・  

日本の状況「世界が当惑」 感染増を回避、理由分からず

共同通信社 2020/03/27 10:49

 f:id:cangael:20200328091344j:plain

© KYODONEWS 政府のイベント自粛要請の一方で、東京・上野公園では大勢の花見客が桜を楽しんだ=21日午後

 【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は26日、新型コロナウイルスの日本での感染状況について「厳しい外出制限をしていないのに、イタリアやニューヨークのようなひどい状況を回避している」と指摘、世界中の疫学者は理由が分からず「当惑している」と伝えた。
 日本が医療崩壊を避けるため、意図的に検査を制限しているとの見方を紹介。米コロンビア大の専門家は、日本のやり方は「ばくち」であり「事態が水面下で悪化し、手遅れになるまで気付かない恐れがある」と警鐘を鳴らした。 

 ◆早々と感染を食い止めた和歌山は国の方針とは反対に検査数を増やしていました: 

内田樹さんがリツイート

m TAKANO @mt3678mt 3月27日

感染を食い止めた和歌山。ここに来て、感染爆発寸前の東京。その分かれ道がどこだったかをこの数字がはっきり示している。小池知事よ、都市封鎖をちらつかせて今更“やってる感”を演出しても、この数字は消すことはできない。いずれ感染拡大の責任を問われることになるだろう。

引用ツイート

本の虫 @hiro_akasaka  3月26日

TBS系列が報道した、各都道府県が保健所にきた相談を、実際にどれくらいPCR検査に回したのかの比率が衝撃的。

早期に感染拡大を止めた和歌山県が35%なのに対して、東京都はわずか1.5%。東京は1日100件の検査をしたのすら、わずか3日だけ

患者発見を遅らせて、感染拡大を招いたとしか言いようがない

f:id:cangael:20200327194236j:plain

◆「不要不急」の考え方について:

内田樹さんがリツイート
Ayaka Daimon @aykdraw 3月26日
東京の本屋さんの、本屋は不要不急なのか?という葛藤のツイートを見かけたのですが…ベルリンでは政府の指示で小売店の営業は不許可、そこからスーパー・薬局等に加えて本屋も除外されているので、近所の小さな本屋さんも開いています。本屋さんが開いているって心強いと思う 

◆教育にお金をかけない日本、留学生にも冷たいですね: 

内田樹さんがリツイート

masanorinaito @masanorinaito  3月27日

まったく馬鹿げている。

1.滞在を継続する場合は奨学金を継続

2.帰国を希望する学生には旅費を保障し

3.多くの留学生がいる国や都市には航空機を確保し無償で一括帰国させ

4.帰国後、交通手段を確保して集団で隔離検疫。

させるべきだった。

「グローバル人材」の養成に全く対応できない文科省

引用ツイート

Daisuke Tano @tanosensei 3月27日

日本人留学生受難 奨学金停止、すぐ帰国できず… 文科省「柔軟対応」転換も不安消えず - 毎日新聞 

◆「報道ステーション」の後藤謙次(70)さん、木曜が最後だったんですね: 

内田樹さんがリツイート

加賀美サイ◉作家ライター @psy_kagami 3月26日

報道ステーションつけてたんだけど、後藤さんが今ハッキリ言い切った。「この4年間政治を見てきて政治家が劣化、政治が劣化している。明らかに劣化してる。公文書もまともに扱えない、改竄すら行う。社会的弱者が目に入ってない。」ハッッッキリ言い切って、番組が終わった。

・ちょっと待って……知らなかったんだけど後藤さん今日で最後、番組卒業なのか…理由は分からないけど、ってことは↑はマスメディアの番組でハッッキリと政権のおかしいところや政治に対する疑問を指摘できる人からの、最後のメッセージだったということ…?重っ!!重すぎるだろ……!

◆これはヒドイ!! 自民党一党独裁です、「教科書」にこれはダメ! 

内田樹さんがリツイート

米山 隆一 @RyuichiYoneyama 3月26日

真面目に今の政権は、本当に良い日本を作ろうって事にこれっぽっちも関心がなく、ただただ野党を中傷し、国民に「ダメな野党、現実的な自民党」のイメージを刷り込み、政権を維持しようとしていますそのあまりの志の低さに、心底げんなりするとともに空恐ろしいものを感じます。

引用ツイート

東京新聞労働組合 @danketsu_rentai  3月26日

民主党政権は…迷走」

自民党以外に安定的に政権を担うことができる政党が形成されなかった」

これが来春から使う中学校の教科書?

恐るべき洗脳教育ではないか。

単なる一個人の評論文なら自由だが

公教育でこれやったらダメだろう。

#東京新聞 3月25日朝刊12面

f:id:cangael:20200327195325j:plain


 

 

森友問題「週刊文春と女性セブン」、君が代訴訟で停職処分取り消し判決、休業補償に商品券?

内田樹さんがリツイート

鬼澤伊佐 @sabasabi 3月26日

本日発売の『週刊文春』を入手。自殺した赤木俊夫さんは、修正や改竄についてきっちりファイルに整理していたしかも、それを大阪地検に提出していたのに、握り潰されてしまったという。その背後には、当時法務省のトップだった黒川検事長の影がチラつく……。このまま放っておいていいのか?

f:id:cangael:20200326193221j:plain

内田樹さんがリツイート

清水 潔 @NOSUKE0607 3月26日

女性セブン。なんて強い見出しと写真。「安倍昭恵さん痛くも痒くもない」

f:id:cangael:20200326194428j:plain

◆「君が代」訴訟 の2審東京高裁では「処分取り消し」の判決が: 

内田樹さんがリツイート

NHK@首都圏 @nhk_shutoken 3月25日

卒業式の君が代斉唱で起立せず、東京都教育委員会から停職6か月の懲戒処分を受けた元教職員の女性が処分の取り消しを求めた裁判で、2審の東京高等裁判所は「処分は裁量権を逸脱して違法だ」として、処分を取り消す判決を言い渡した

東京五輪1年内延期決定が出たとたんの感染者急増。五輪の所為でコロナ対策が後手後手に。「延期」の判断そのものも甘いんじゃない?:

内田樹さんがリツイート

 鮫島浩 @SamejimaH 3月25日

東京五輪延期が決まった途端に東京の検査数も感染者数も急増するのはどういうこと?今まで東京五輪を守るために感染実態をあえて調べず隠蔽してきた疑いがさらに濃厚になった。新聞は徹底追及すべきなのに五輪スポンサーなので五輪が絡むと及び腰だ。東京五輪が日本健全化の大きな足かせになっている。

引用ツイート

 ラサール石井 @lasar141 3月25日

検査数が一日4千件に増えたから陽性患者も増えただけ。

今まで五輪やりたくてわざと少なく見せていて、無症状の陽性患者が街にあふれていた。五輪延期が決まり手のひら返し。わかりやすい。小池知事はコロナの事で何か言ってきたか。それがいきなりロックダウン?遅いわ。人の命など何とも思ってない。 https://twitter.com/aiko33151709/status/1242766916797616128

 澤田愛子 @aiko33151709 3月25日

拡散:やっぱりね。五輪延期決定で検査を抑制する必要がなくなった。これまで政権は検査をせずに感染者を少なく作っていたが、もうその必要なし。そのとたん東京で急に陽性が増えた。つまり検査をするなと言う官邸の命令は昨日からじゃんじゃんやれに変わったのだ。ここ1週間くらいで陽性者は1万人に。

 

内田樹さんがリツイート

青木 俊 @AokiTonko 3月24日

なんで銭儲けを目論んで五輪に出資した企業の大損を「経済的損失」などと呼ぶのか。企業活動に損得はつきもの、まさに自己責任。協賛企業がなんぼ損しても何の問題もない。

問題は、税金がいくら投入されいくらの損失が出たかで、これは政治責任

引用ツイート

Simon_Sin @Simon_Sin  3月23日

『五輪中止なら経済損失7.8兆円の見方 延期で6000億円超』

日経に広告出してくれてるスポンサーは中止になったら損するからこういう試算になるよな。そもそも7000億円で開催できると言って招致したのに2兆円以上かかる五輪についての試算が信用できんの? #ss954

◆日本のコロナ対策。またまた商品券という発想?

内田樹さんがリツイート

▼はな   @hanakija38 3月25日

新型コロナウィルス、満員電車の集団感染が一番問題との指摘に「乗った事ないからわからない」って言う厚労大臣いち早く現金給付をしなきゃ生きてけない人がいる。との訴えに「じゃ、商品券で」と言う財務大臣挙げ句の果てに和牛券を配ろうよ。と言う自民党。支持する4割の奴ら脳味噌大丈夫か?

 

町山智浩 @TomoMachi 3月25日

感染者数が増えるのでコロナ検査はしませんが、オリンピックが延期になった日に都内で40人の感染者が出まして、病床は都内に118しかありません。外出は控えていただきたい。休業の補償は和牛商品券です。で、学校は新学期から再開です。……何がなんだかわからない

 

愛国心の足りないなまけ者

@tacowasabi0141 3月25日

 

WHO「とにかく検査」

韓国「はい」

英国「はい」

米国「はい」

日本「やだ」

 

韓国「病床が足りない。軽症者用の施設を」

西班牙「展示場使うか」

米国「ホテル使うか」

日本「無理」

 

イタリア「人工呼吸器が足りない」

英国「人工呼吸器増産しないと」

米国「人工呼吸器増産しないと」

日本「無理」

 

▼松下哲也 @pinetree1981 3月25日

いろいろな国が現金を配っているのは、お金の保証はするから家から出ないでくれということだと僕は理解していたのですが、日本の政治家と役所は商品券を配ってみんな街に出てお買い物してウィルスの感染を拡大しようぜというメッセージを発信していて想像を絶する知能の持ち主だなあと思いました。

アメリカ在住の想田監督が一昨日来日して見た東京です: 

想田和弘 @KazuhiroSoda 3月26日

昨日東京に着きました。コロナ対策でも政治は迷走してますが、先日まで完全無防備だった欧米に比べて、日本の市民や店の工夫・対策は板についた印象。ホテルの朝食バイキングでも入室時に全員が手を消毒し、食べ物は小分けにしてラップ済み。マスク着用率も高い。これで何とか持ちこたえているんだね。

若木の桜咲く

f:id:cangael:20200325132802j:plain

桜並木の南半分が若木に植え替えられています。

その若木の桜が咲き始めました。

f:id:cangael:20200325132533j:plain   f:id:cangael:20200325132958j:plain

東京の長男が取れなかった夏休みの年度内消化のため一週間の休暇に入り、帰りたいけれどお祖母ちゃんのことがあるので遠慮しておきますとメールが入りました。夫と相談して、大丈夫だから帰っていいよと返事。じゃ、ということで、月曜日から二泊三日の帰省を決行。

f:id:cangael:20200325132948j:plain

隣の母に顔を出して、母が息子に差し出す握手の手に、私の方からそれはやめとこうと。夫も1メートル以上離れてとか口うるさく注意するので、呼んでおきながらウィルス扱いかい、差別が分かると息子が。東京駅も新大阪駅も閑散としていて、新幹線は一車両に乗客が10人ほどだったとか。お正月に帰省して以来、今年がこんな年になるとは・・・とみんなで。

f:id:cangael:20200325133141j:plain

仕事の上で自ら体力消耗するブラックな仕事からは少し手を引いて、収入が減っても自分のやりたい仕事に比重をかけるようにしたという報告に私は大賛成。夫は甘くはないと心配そう。夫のたびたびの転職を考えると不思議な反応に私は少しからかい気味に自分の時には平気で出来るのに…と。昨日、次男が花粉症で箱買いしていたマスクを持って長男が向かった東京では41人の感染者が発表され外出自粛要請も。これから東京は、いえ日本は大変なことになりそう。

 

「もみ消されて…怖い国だなぁ」「キューバ医療団イタリアへ」「佐川氏を紙片で脅すPM」ほかアレコレ

◆昨日私もこの番組のこの発言を聞いていました。昨日はまたヨーガ仲間でコロナでお休みしている方からも電話があり、森友問題で自殺した赤木さんの手記と遺言がマンション仲間でも話題になって、誰もあの問題を忘れていないし許していない、コロナウィルスの問題がなければ佐川さんの再喚問を求めるデモが起こっていたと思うという話も:

町山智浩さんがリツイート

俵 才記 @nogutiya 3月24日

ヒロミ「時間がかかってもこういうのは詰めていかないと。そういう意味では森友問題もそうだけど、ああやってもみ消され、関係ないって言われると、何か怖い国だなぁって感じちゃうよね。

坂上忍「気がつくと何か、こんな国になってたのかって」

◆同じ町山氏のツィートですが、和歌山県とドイツのケースをとりあげて: 

内田樹さんがリツイート

町山智浩 @TomoMachi  3月24日

「世界が和歌山から得られる教訓とは

 和歌山はコロナ対策において、中央政府の方針を破り、独自の検査基準を採用し、積極的な検査と接触者の追跡をもって果敢な封じ込めに動き、この世界的なパンデミックとの闘いに勝利した」

町山智浩 @TomoMachi

ドイツの感染者が2万人を超えたが、亡くなったのは86人。イタリアの5476人、スペインの2182人、フランスの674人と比べて、際立って少ない。ドイツではコロナ検査が週に16万件と大規模に行われていることから、感染者を早めに発見して対応できているからだといわれている。

キューバの医療が進んでいるというのはよく聞きますが、イタリアへキューバの「白衣軍団」が助っ人に:

内田樹さんがリツイート

江 弘毅 @kohirok 24 3月24日

キューバ政府は連帯をもたらすため私たちをここに派遣した」「私たちは皆恐れているが成し遂げるべき革命的な仕事がある。恐れは、手懐けておける。怖くないと言う人はスーパーヒーローだが我々はスーパーヒーローではなく医師だ」

なかなか言われへん言葉、字幕にて。

 ◆検査数が極端に少ない日本ですが、それにしても日本の感染者数と死者数は異常に少ない。肺炎で亡くなっている人が実はコロナによる肺炎という場合があるにしても死者数はそう誤魔化せないはず。何か理由があるのでは・・・握手やハグなど身体接触が日本人はほとんどしないというのも関係あるかな・・・とか思いますが、科学的にも何か理由があるのではと世界も注視というニュース:

内田樹さんがリツイート

▼ GURU 怪人-カイト- @gurukaito 3月19日

クラスターが発生するとオーバーシュートしてロックダウンするらしいからトゥギャザーする時は気をつけよう。

 

Yahoo!ニュース @YahooNewsTopics 3月25日

【感染少ない日本の謎 欧米注視】

日本の新型コロナウイルスの感染者数が統計上は先進国中で圧倒的に少ないことを欧米のメディアが注視。日本は検査不足で実態が反映されていないのか、それとも感染抑止で「健闘」しているのか議論の的に。

町山智浩 @TomoMachi 3月25日

日本人が感染しにくい理由はBCGかも?

引用ツイート

渡辺由佳里 YukariWatanabe @YukariWatanabe 3月25日

結核のBCG接種が、免疫力を広範囲に高め、もしかしたら新型コロナウィルスへの抵抗力も高めるかもしれないという仮説で、臨床試験が始まるらしい。これがもし本当であれば、BCGを接種する日本人には朗報。(そうあってほしい一人)

◆森友問題の国会で佐川氏が喚問を受けたときの安倍首相。国会の現場で脅しのメモです。秘書官が渡す「もっと強気で行け」の文字だけでも相当の圧力ですが、『PMより』が効いています。『Prime Minister=首相』という権力誇示のトドメですね。

これで参っちゃう人は同じ手を使って部下に同じことをさせます。その最末端にいたのが誠実な公僕の赤木俊夫さんでした。改ざんの後は赤木さん一人に被せて全員逃げるという卑怯さ: 

山崎 雅弘さんがリツイート

望月衣塑子 @ISOKO_MOCHIZUKI 3月24日

#首相秘書官 が #佐川宣寿 #元局長 にメモを手渡さなければ、佐川氏が「資料は残ってございません」と答弁で虚偽重ねることもなく、赤木さんが改ざん強要されることもなかったはずだ

#安倍首相 の秘書官が佐川氏に歩み寄り、1枚のメモを手渡す

「もっと強気で行け。PMより」

◆これは私も嫌だ~。こんなことにならないで: 

内田樹さんがリツイート

すう @suzukifm 3月25日

それだけは勘弁してほしい。悪夢だ。

◆やはり五輪にはこんな話が。9割引きは森友と同じ!ですね: 

山崎 雅弘 @mas__yamazaki 3月24日

2020年東京五輪大会の選手村整備(東京都中央区晴海)の名目で都有地を破格の安値で、売却した問題に関与した不動産会社とコンサルタント会社計10社に、都幹部OB22人が天下りしんぶん赤旗

「近隣の基準地価の10分の1以下」「天下りOBのうち局長級が14人・6割を占め、役職は常務取締役、取締役、参与、顧問、理事など。選手村所管の都市整備局出身が13人」

www.jcp.or.jp