1月のお茶のお稽古

17日、阪神淡路大震災の日の午後が今年最初のお稽古日でした。生徒の3人のうち2人が箕面市民、お一人は池田市民。先生含めて3人が午前中黄色いハンカチを外に出しました.

お独り暮らしの先生は前日からハンカチを出して忘れないように気を遣うそうです。出していないと心配されて声を掛けられので・・・と。

1年に1回だけの黄色いハンカチの出番ですが、一回きりの出番で済んでいるのが何よりです。

f:id:cangael:20200117140057j:plainf:id:cangael:20200117140051j:plain

掛け軸は「彩凰舞丹宵」(さいおう、たんしょうに舞う)。意味は、彩り鮮やかな鳳凰が夕焼けの空に舞うというおめでたい光景を表しています。つやのある黒い陶器の花瓶の花活けにはスイセンと蕾の椿と黄色い蝋梅が生けてあります。

f:id:cangael:20200117140109j:plain

さて、お部屋に入ると棚が小ぶりで可愛いし、横から見ると細い足の真ん中と一番下の六角形の板の横にも朱が入って華やかでもあるし。初めて見る棚です。それもそのはず、日本に61個しかない貴重な棚。即中斎(表千家家元の祖父)が60歳の還暦の時に考案されたもので61しか作らせていない。その一つが金沢で手に入ったそうです。亡きご主人が金沢で仕事をされていた時に出会ったもので購入されたとか。今度2月のお茶会で使われるそうです。

『宝来卓(ほうらいじょく)』という名前があり、3枚の板は六角形で亀甲(亀の甲羅)を表し、朱色の入った細い柱は鶴の脚を表しているそうです。

棚に置いてあるのは木目がくっきりと美しい茶色の平棗(ひらなつめ)。模様は三角形の鱗(うろこ)模様に鶴が書かれていて「鱗鶴」というのだとか。いつもの縦長のナツメ型の棗とはと違って平棗は横に大きいので左手の手のひらで受けて扱います。

水屋に入って、お茶碗を選んで水につけてある布巾を絞って畳んでお茶碗の中に入れて茶せんを載せ、節のある茶杓を選んで仕組みます。建水には、松の葉模様が抜いてあり中が緑色に塗ってある蓋置を置いて準備。

喰籠の中をのぞくと花びら餅が三つ入っているので、水につけてある黒文字のお箸を拭いて蓋の正面に置き、お客側が正面になるように持ち替えて部屋に出ます。(干菓子は松竹梅をかたどった落雁がお盆に乗せてありました)それから仕組み茶碗と替え茶碗を持って部屋に入り宝楽卓の前に座って棗を下ろし、お茶碗をその横に置いて、水屋に引き返し今度は柄杓を置いた建水を持って部屋に入り、一度建水を置いて襖を閉めます。お点前スタート。

f:id:cangael:20200117150931j:plainf:id:cangael:20200117150520j:plain

↑松の絵のお茶碗は和歌山県白浜の葵窯。日の出の太陽に鶴の絵は京焼。

時々先生の注意が入り、はっと気づいて直したり次の手順に進んだり。以前のように、なんで止められたのか、次に何をするのか全くわからないという状態ではなくなってきました。体や手が覚えている状態に近づいてきました。月一度のお稽古、家で復習せずでも年数が経つと少しは身についてくるようです。

f:id:cangael:20200117153811j:plainf:id:cangael:20200117153824j:plain

f:id:cangael:20200117153835j:plain

最後に立礼式。この扇形のテーブルも特殊なので、先生でも、これを持っていないと膝が悪く正座できない人のためのお稽古は出来ないですね。

2月2日は先生がメープルホール初釜の担当。当日も私は洋服で裏方ですが、着物のお二人のうち足の悪い方は受付、もう一人は初めてのお茶運びなので練習。私がお客役。引き返す時の向きとか、お茶碗を引き取る際、両手で持ち帰る時の持ち方など少し練習。

最後に祝い扇を飾る竹製の衝立が1つだけあるのでと私が先に頂くことに。手作りのごま竹製で1500円でした。上手に工夫されています。

早速家で飾ってみました。

f:id:cangael:20200118162955j:plain f:id:cangael:20200118163012j:plain f:id:cangael:20200118162938j:plain f:id:cangael:20200118162924j:plain

何かで読んだ日本料理の料亭の女将さんのお話ですが、お客さんで来られて席に座って腕時計と指輪を外されるのを見ると、いいお客さんだなと思うのだそうです。そういえばお茶席では、陶器や漆器の大事なものを傷つけないように時計と指輪は厳禁です。
 

 

1・17の再稼働反対金曜デモと『デジタル封建時代』

◎昨日は17日、25年前の1月17日は阪神淡路大震災の日。箕面市では全戸で黄色いハンカチを玄関先にかけて、自治会の班長が安全確認をして回り、ハンカチの出ていない場合はチャイムを鳴らして安否確認をします。その結果を会長に知らせることになっています。17日を忘れないという安否確認の訓練日になっています。

あの日の記憶は今も鮮明。地震の音と揺れは身体が覚えています。この日、夫は業界の会議に出席しなければならず朝一番の飛行機で大阪(伊丹)空港から東京へ向かいました。その後、神戸がどうなったかはテレビで知ることに。我が家も棚から物が落ちたり、食器棚のお皿がザラっと落ちて割れたり。隣の両親の二階では、東西を背にしていた箪笥が向かい合わせで倒れていました。電話は5時台に加賀市の義弟からお見舞いの電話が入ってから以降すぐ不通に。後はテレビで刻々と知らされる神戸の想像を絶する被害と広がる火の手に震えていました。

 そして、金曜日。今年2回目の再稼働反対の官邸前デモの日。その様子をいつものように「特別な1日」さんから。今回のタイトルは:

★タイトル前の記事を読んでビックリ。SPYBOYさんの25年前と言えば20代の中頃?17日は地震の発生を知って新幹線で大阪へ向かい、車で尼崎から神戸に向かっておられたとは。

◎私たちが、昔住んでいた阪急六甲と国鉄六甲道駅の間の宮前商店街を訪ねたのは4月に入ってからでした。ちょうど倒壊した灘生協の北側。私たちが仮住まいしていた屋敷跡に建てられた高層マンションはX字の亀裂が入っていて、その前から北の八幡神社までの商店街は跡形無く、写真で知る戦後の空襲の焼け跡でした。長男が小学校1年の2学期に箕面へ転校したので、幼稚園や小学校のお友達の家を探しましたが、見当たらず。あたり一面平地になってしまっていました。犠牲者の数6千人台はとんでもない数でしたが、その後も地震は頻発、死者数も遥かに凌ぐ大地震津波に襲われるなんて思いもよらない事でした。自然を侮ってはいけないが教訓だったと思います。

★★さて最初のタイトルの『デジタル封建時代』について。まず言葉から、 

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価総額ランキングの上位を占めている。また、世界中の多くのユーザーが4社のサービスをプラットフォームにしている。

◎私が最近利用するようになったのがアマゾン、それも昨年の後半になってから。それまでは極力街の本屋さんで買うようにしていました。ところが、体調の悪い時期買い物に出かけるのもおっくうになってアマゾンを利用しました。それに本だけでなくてDVDを注文したりすることになると、やはり便利が優先。そうするとアマゾンから勝手におススメが入ります。データの蓄積で購入傾向を予測して買いそうな商品リストを勝手に送ってきます。当たっていることもありますがハズレも多い。その手に乗るものか…なんて気持ちが沸いたりすることも。記事に戻りますと:

この前 勤務先に年始の挨拶に来た某コンサル会社の社長の話を聞きました。彼曰く「『現在はデジタル封建時代』ではないか」と言うのです。

 現代で最も大事なのはデータだが、今はGAFAマイクロソフトなど一部の巨大IT企業がそれを囲い込んでしまっている。彼らは莫大な利益を上げているが、データを握られた一般の人や他の企業はGAFAに利益を吸い取られ、格差がどんどん広がっている

 データが一部の企業に囲い込まれた現代は、領主が領土・領民を囲い込むことで利益を上げていた封建時代と同じだ。

 だからこそ、GAFAなどにデータを所有させずにオープンに使えるようにすれば、封建主義が資本主義に移っていったように、将来 民主化されたデジタル民主主義の時代が訪れる可能性があると思う。

★『これからは国家と巨大IT企業と市民との三つ巴の戦いになる』『今後デジタル技術の進歩に対して市民の権利を守ることは、民主主義にとって大きな課題になるのではないでしょうか』

◎企業の利益のためか利用者の利益のためか・・・一人一人が黙っていたのでは市民の負け戦、結局、権利は主張しなければ守れないということですが、日本人、権利の主張が苦手なような気がします。三つ巴を2(市民と国家):1(巨大IT企業)の戦いにできれば勝てるかも・・・・

ということで、今週も官邸前抗議へ #金曜官邸前抗議
明日は東京でも雪の予報、さすが一年のうちで一番寒い時期です。今日の午後6時の気温は8度、参加者は200人を少し欠けるくらい?

f:id:cangael:20200118104147j:plain

★ここで取り上げられているのが、↑プラカードにも書かれている伊方原発運転差し止め判決です。写真は今朝の朝日新聞一面です。

f:id:cangael:20200118073021j:plain

★SPYBOYさんの記事から:

地裁レベルで原発の運転差し止めは2011年以降これで5度目、高裁レベルで差し止めが認められたのは17年の広島高裁に続いて今回が2度目、今回の判決を出した森裁判長は自身の定年退官を控えた1月中に結論を出す旨、法廷で前もって伝えていたそうです。」「残念ながら今の『(政治への)忖度司法』では、そういう裁判官でなければ、こういう判決を出せないのかもしれません。そんな状況ですら、度々運転が止まる。それだけでも電力会社にとって巨大な経営リスクであることは間違いありません。原発の声は連中に確実に巨大なダメージを与えている
 もはや会社にとっても、株主にとっても、もちろん顧客=住民にとっても原発は経営面でも大きなリスクになっています。
 こんなバカなことをいつまで続けるのか。それを問い続けるしか、正気を取り戻す方法はないと思います。

★★★今回も充実の内容、ぜひブログを訪ねて直接読んでみてください、コチラです:

『デジタル封建時代』と『0117再稼働反対!首相官邸前抗議』 - 特別な1日

「応援するのは《聖火》じゃないでしょ」と「日本アカデミー賞受賞者発表」と「新聞記者」

◎先日、今年最初の雑誌交換でSさんと初お茶飲み話。彼女は私より8つ年下の60代。私よりは、はっきりものを言う世代。その彼女が今年は思ったことは口にするをモットーにしたいと。マンションの自治会や地域での集まりでもなかなか意見が出ないそうです。無責任で成り行き任せに我慢ならないとのこと。私は回ってきた自治会の役を終わってからは関りがないので今のところそういう場面に出会うこともありませんが、世の中、事なかれで流れているような気はしています。そうでなければ、こんなひどい政権が40%の支持ということはないでしょう。それに今年はオリンピック、そのうち新聞もテレビもオリンピック一色になってしまうでしょう。それでも東京と大阪ではオリンピックについての意識はずいぶん差があるそうです。今更オリンピック賛成、反対じゃなくて、引き受けたからには成功を目指して国民一丸となって応援するのが当たり前・・・となってしまうのが日本は得意です。そうなる前に”冷めて=冷静に”を心がけてみようと思っています。

山崎 雅弘 @mas__yamazaki 1月15日

日本のメディアが当たり前のように使う「聖火」という言葉も、英語やドイツ語、フランス語、ロシア語、中国語では単に「オリンピックの火」。日本人だけ過剰に権威化して「聖」なる何かのように錯覚して有り難がり、何かを犠牲にすることも仕方ないかのように信じ込まされる

引用ツィート

本間 龍  ryu.homma  @desler 1月14日

#Tokyoインパール2020   いやいや、応援するのはアスリートで、聖火リレーじゃないから(笑)そもそもこのリレーはナチスベルリン五輪の際、大会周知の為にゲッペルスが考えたもので、ただの PR手段。有難がって参加するのもおめでたいが、応援するなんて愚の骨頂。

f:id:cangael:20200116095226j:plain

◎今年の第43回日本アカデミー賞の各部門優秀賞が15日発表されました。去年の「万引き家族」のようなダントツ作品がなく最優秀作品賞も混戦模様とか。残念見逃したと思うのが「翔んで埼玉」:

◎私が見た作品や俳優さん(青字)を取り上げてみると

・優秀作品賞は「キングダム」「新聞記者」「翔んで埼玉」「閉鎖病棟-それぞれの朝-」「蜜蜂と遠雷」の5本。

・優秀主演男優賞は笑福亭鶴瓶菅田将暉中井貴一松坂桃李GACKTの5人。

・優秀主演女優賞はシム・ウンギョン二階堂ふみ松岡茉優宮沢りえ吉永小百合の5人。

・新人俳優賞は岸井ゆきの(27)、黒島結菜(22)、吉岡里帆(27)、鈴鹿央士(20)、森崎ウィン(29)、横浜流星(23)の6人。

◎予想してみると、最優秀作品賞は「翔んで埼玉」、最優秀主演男優は松崎桃李さん、最優秀主演女優勝は二階堂ふみさん、最優秀新人俳優賞は、地味?な映画ですが「愛唄-約束のナクヒト」「チア男子」「いなくなれ群青」の三本で受賞している横浜流星さんかな。

🔲ところで、作品賞を受賞した「新聞記者」ですが、1月6日のブログ(作品大賞『新聞記者』の監督は「スマホでニュースを読む」世代 - 四丁目でCan蛙~日々是好日~)で取り上げた藤井道人監督(33歳)が、新聞を読まないでSNSでニュースを知る世代だという記事、私はとても面白いなと思いました。というのは、昨年の11月4日「誰がために憲法はある」を見たころから私は若い世代に戦争と平和の問題を問いかけるにはどうしたらいいんだろうと考えていました。息子世代や孫にあたる世代に、どういう話し方をすれば戦後民主主義時代を生きてきた者の平和への思いを伝えられるのか考えていました。この藤井監督と河村プロデューサーの二人の関係はとても面白いケースだと思って読みました。

 プロデュース側の思いは、はっきりしています。今の政権のやり方を最前線で批判して闘っている東京新聞の望月衣塑子記者をモデルにした映画を作りたい。一つはエンターテイメントとしてのドラマ、もう一つはドキュメンタリー。

  そしてドラマ映画の監督や主演の俳優探し。私の想像ですが、この過程で女優さんたちが断ったケースもあったのではないでしょうか。本人じゃなくて事務所サイドで断ったということも考えられます。というのも、藤井監督自身が最初は断った、でも、しつこく勧められた、そのしつこさに今では感謝していると言っています。こういった映画を撮ること自体が日本の映画界では”快挙”(よくやったで賞)という雰囲気が今回の日本アカデミー賞でもあるように思います。 

山崎 雅弘  @mas__yamazaki 1月16日

テレビが情報源の人は、これ見ても「え、去年こんな映画やってたっけ? 全然知らなかった」という話だろう。

テレビ各局から無視された作品が、日本アカデミー賞で高評価。これも「安倍政権下の日本のメディア状況」を物語る事例の一つとして後世の歴史家は着目するだろう。

引用ツイート

BABEL LABEL @BABEL_LABELdirs  1月15日

【第43回日本アカデミー賞

各優秀賞が発表され、#藤井道人 が監督した『#新聞記者』が6部門で受賞!

優秀作品賞

優秀監督賞(藤井道人)

優秀主演男優賞(松坂桃李)

優秀主演女優賞(シム・ウンギョン)

優秀脚本賞(詩森ろば/高石明彦/藤井道人)

優秀編集賞(古川達馬)

日本アカデミー賞公式サイト

さて親以上?に年の離れた河村光庸(みつのぶ)氏(71歳)の説得に藤井監督が心を動かされた言葉が『政治に興味がない、政治から逃げるっていうのは、民主主義を放棄しているってことだと俺は思う』という言葉。キーワードは民主主義です。別のインタビュー記事(去年の6月28日公開直前の)では空気を読む世代の一人として同調圧力について語っています:

《中村哲医師 絶筆》『信じて生きる山の民ーアフガニスタンは何を啓示するのか』

ペシャワール会の12月5日の号外は昨年内に中村哲氏追悼と事業継続の決意を会員に知らせるために発行されました。おかげさまで一会員の私も安心して新年を迎えました。この号外には西日本新聞に掲載された中村哲さんの絶筆となる記事も転載されています。書き移してみますが、読んでみると少し悲観的な物悲しさが心を打ちます:

(14日の蛙ブログでは弔辞を書き移しています:ペシャワール会村上優会長弔辞「中村哲先生と犠牲者の御霊に事業の継続を誓います」 - 四丁目でCan蛙~日々是好日~)

NNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNN

信じて生きる山の民     <中村哲医師 絶筆>

  ーアフガニスタンは何を啓示するのか

____________________________ 

 PMS(平和医療団・日本)総院長/ペシャワール会現地代表  中村 哲

 

中村医師は二〇〇九年より年に四回、西日本新聞に「アフガンの地で 中村医師からの報告」と題した文章を寄稿していました。絶筆となった十二月二日朝刊掲載分をここに転載します。

____________________________________

「緑の大地計画」は最終段階へ

 我々の「緑の大地計画」はアフガニスタン東部の中心地・ジャララバード北部農村を潤し、二〇二〇年、その最終段階にはいる。大部分がヒンズークシュ山脈を源流とするクナール河流域で、村落は大小の険峻(けんしゅん)な峡谷に散在する。辺鄙(へんぴ)で孤立した村も少なくない。

 比較的大きな半平野部は人口が多く、公的事業も行われるが、小さな村はしばしば関心を引かず、昔と変わらぬ生活を送っていることが少なくない。我々の灌漑計画もそうで、「経済効果」を考えて後回しにしてきた村もある。こうした村は旧来の文化風習を堅持する傾向が強く、過激な宗教主義の温床ともなる。当然、治安当局が警戒し、外国人はもちろん、政府関係者でさえも恐れて近寄らない。

忠誠集める英雄

 ゴレークはそうした村の一つで、人口約五千人、耕地面積は二〇〇ヘクタールに満たない。これまで、日本の非政府組織(NGO)である日本国際ボランティアセンターが診療所を運営したことがあるだけで、まともな事業は行われたことがなかった。PMS(平和医療団・日本)としては、計画の完成にあたり、このような例を拾い上げ、計画地域全体に恩恵を行き渡らせる方針を立てている。

 同村はジャララバード市内から半日、クナール河対岸のダラエヌールから筏(いかだ)で渡るか、我々が三年前から工事中の村から遡行する。周辺と交流の少ない村で、地域では特異な存在だ。圧倒的多数のパシュトゥン民族の中にあって、唯一パシャイ族の一支族で構成され、家父長的な封建秩序の下にある。

 パシャイはヌーリスタン族と並ぶ東部の山岳民族で、同村の指導者はカカ・マリク・ジャンダール。伝説的な英雄で、村民は彼への忠誠で結束が成り立っている。他部族にも聞こえ、同村には手を出さない。

 十月中旬、我々は予備調査を兼ねて、初の訪問を行った。クナール河をはさんで対岸にPMSが作った堰があり、年々の河道変化で取水困難に陥っていた。ゴレーク側からも工事を行わないと回復の見通しが立たない。ゴレークの方でも取水口が働かず、度重なる鉄砲水にも脅かされ、耕地は荒れ放題である。この際、一挙に工事を進め、両岸の問題を解決しようとした。

 「諸君の誠実を信じます」

 最初に通されたのは村のゲストハウスで、各家長約二〇〇名が集まって我々を歓待した。他で見かける山の集落とさして変わらないが、貧困にもかかわらず、こざっぱりしていて、みじめな様子は少しも感ぜられなかった。

 ジャンダールは年齢八〇歳、村を代表して応対した。彼と対面するのは初めてで、厳(いか)めしい偉丈夫を想像していたが、意外に小柄で人懐っこく、温厚な紳士だ。威あって猛(たけ)からず。周囲の物を目配せ一つで動かす。

f:id:cangael:20200108141746j:plain
 PMSの仕事は良く知られていた。同村上下流は、既に計画完了間際で、ここだけが残されていたからである。

「水や収穫のことで、困ったことはありませんか」

専門家の諸君にお任せします。諸君の誠実を信じます。お迎えできたことだけで、村はうれしいのです」

終末的世相の中

 こんな言葉はめったに聞けない。彼らは神と人を信じることでしか、この厳しい世界を生きられないのだ。かつて一般的であった倫理観の神髄を懐かしく聞き、対照的な都市部の民心の変化を思い浮かべていた。

ーー約十八年前(〇一年)の軍事介入とその後の近代化は、結末が明らかになり始めている。アフガン人の中にさえ、農村部の後進性を笑い、忠誠だの信義だのは時代遅れとする風潮が台頭している。

 近代化と民主化はしばしば同義である。巨大都市カブールでは、上流層の間で東京やロンドンとさして変わらぬファッションが流行する。見たこともない交通ラッシュ、霞(かすみ)のような街路を覆う排ガス。人権は叫ばれても、街路にうずくまる行き倒れや流民費への温かい視線は薄れた。泡立つカブール河の汚濁はもはや河とは言えず、両岸はプラスチックごみが堆積する。

 国土をかえりみぬ無責任な主張、華やかな消費生活への憧れ、終わりのない内戦、襲い掛かる温暖化による干ばつーー終末的な世相の中で、アフガニスタンは何を啓示するのか。

 見捨てられた小世界で心温まる絆を見出す意味を問い、近代化のさらに彼方(かなた)を見つめる。

  MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM(引用おわり)

伊方原発「行先ないまま…使用済みMOX燃料、初の取り出し」と中村格氏の栄転&「AIレイシスト、東大から懲戒解雇」など

◆1月14日の朝日新聞社会面(26頁)の記事です。四国の愛媛県伊方原発3号機で使用済みMOX燃料(プルトニウム・ウラン混合酸化物)の取り出し作業が開始MOX燃料を使うプルサーマル発電(全国3原発4基)での使用済み核燃料取り出しは初めてですが、処分方法も行き先も未定で敷地内のプールで当面保管とか。

f:id:cangael:20200115141109j:plain

◇「リスク面で問題、コスト面では再処理は無意味」という「原子力市民委員会」座長の大島堅一・龍谷大学教授(環境経済学)の話も含めて全文を「shuueiのメモ」さんで

◆麻生副大臣の言いたい放題が続きます。新成人に贈る言葉万引きでパクられたら名前が出る。少年院じゃ済まねえぞ。間違いなく。姓名がきちっと出て『20歳』と書かれる」に始まって、今度は単一民族です。それに「誤解を与えたのなら」で始まる言い訳も同じ。懲りない方です:

内田樹さんがリツイート

▼Shin Hori @ShinHori1 1月14日

なぜ「日本は単一民族の国」と言いたがる人が後を絶たないのか?

1.犬や猫の純血種みたいな感覚で、"雑種"より価値が高いように錯覚してるから

2.少数派の人を無視したいから

3.近代国家を部族や血族の集団みたいに思ってるから

 

▼異邦人 @Narodovlastiye 1月14日

麻生氏が「一つの民族」発言を「誤解が生じているならお詫び」と、例によって謝罪を装い聞き手に責任転嫁。

ナチスの手口に学べ」も誤解
ヒトラーの動機は正しい」も誤解
「子どもを産まない方が問題」も誤解
「老後2000万円報告書」も誤解として揉み消し

麻生氏が国政に巣食っているのが誤り。

◎山口敬之氏は無罪判決を得たのだから無実なんでしょうか。一度逮捕状を出された人が逮捕直前に中村格刑事部長によって逮捕を免れた事実は不可解。その中村氏がその後出世していることも不可解: 

内田樹さんがリツイート

 前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民)

@brahmslover 1月15日

17日付け警察庁人事山口敬之元TBS記者の逮捕を止めた中村格(いたる)警視庁刑事部長(当時)が、官房長から次長に昇格した。次の警察庁長官はほぼ確実だ。・・・自民党公明党の政権がそれまで続いていれば、だが。

 ◎望月記者もツィッターで:

内田樹さんがリツイート

SHIN∞1 @shin19infinity 1月14日

今日、望月記者は官房長官会見の場にいた

先週も7日と9日、会見に行っていたが、その時も当てられず…今年に入ってから全く当てられなくなった

これはどういうことなのか!?

引用ツイート

望月衣塑子 @ISOKO_MOCHIZUKI 1月14日

#菅義偉 #官房長官 会見でまたも打ち切られたので聞けなかったが今日付けで #警察庁次長に #中村格 #官房長 が栄転した。

#伊藤詩織 さんへの性暴行疑惑で #準強姦 の逮捕状 執行取消命じた中村氏が何故、栄転なのか菅氏には任命したその理由をしっかり説明してほしい。

 

東京大学の特任准教授がヘイト発言で話題になった大澤昇平氏に、東大が懲戒解雇処分。事実認定の項目が発表されました: 

内田樹さんがリツイート

 ゆーすけ  @yoox5135 1月15日

東京大学は、大学院情報学環 大澤昇平特任准教授について、以下の事実があったことを認定し、1月15日付けで、懲戒解雇の懲戒処分を行った」

AIレイシストが東大からクビにされたよ。

懲戒処分の公表について | 東京大学https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/press/z1304_00124.html

東京大学は、大学院情報学環 大澤昇平特任准教授(以下「大澤特任准教授」という。)について、以下の事実があったことを認定し、1月15日付けで、懲戒解雇の懲戒処分を行った。

<認定する事実>

 大澤特任准教授は、ツイッターの自らのアカウントにおいて、プロフィールに「東大最年少准教授」と記載し、以下の投稿を行った。

(1) 国籍又は民族を理由とする差別的な投稿

(2) 本学大学院情報学環に設置されたアジア情報社会コースが反日勢力に支配されているかのような印象を与え、社会的評価を低下させる投稿

(3) 本学東洋文化研究所が特定の国の支配下にあるかのような印象を与え、社会的評価を低下させる投稿

(4) 元本学特任教員を根拠なく誹謗・中傷する投稿

(5) 本学大学院情報学環に所属する教員の人格権を侵害する投稿

 🔲そもそも、どんな人で、ツィッターでどんなこと言ったんだっけ?

ペシャワール会村上優会長弔辞「中村哲先生と犠牲者の御霊に事業の継続を誓います」

◎年末にペシャワール会12月25日付の号外が届きました。心配していた事業は継続されることになりました。表紙に今は亡き中村哲氏の雄姿が。そして次のような言葉が:

f:id:cangael:20200105194621j:plain

「マルワリード用水路 」は、逃げ場を失った多くの人々に希望を与え続けるだろう。私もその一人である。「アフガニスタン」は忘れ去られたが、私たちの共有した労苦と喜びの結晶は、人々の命の営みが続く限り記憶されるだろう。

これは人間の仕事である。

                 中村 哲

                  『医者、用水路を拓く』より 

ペシャワール会会長で葬儀委員長を務められた村上優氏の告別式での弔辞が掲載されています。

中村哲氏との出会いやペシャワール会の成り立ちが書かれていますし、とても思いのこもった内容ですので全文を書き移してみます。

      NNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNN

十二月四日(水)、中村哲医師が、いつものようにジャララバードの宿舎を出て作業現場に向かう途中何者かに銃撃され、病院に移送された後、亡くなりました。享年七十三歳。また、同乗していたドライバーのザイヌッラ・モーサム(Zainullah Musam)さんと四人の護衛の方々も殉職されました。

中村医師を初め皆様のご冥福を祈るとともに、ここに追悼の意を表し「号外」を発行致します。

中村先生の絶筆となった「信じて生きる山の民」(西日本新聞、十二月二日掲載)を十一・十二頁に転載しております。

先生と犠牲者の御霊(みたま)に事業の継続を誓います

   中村哲医師告別式での弔辞ー

        ペシャワール会会長・葬儀委員長 村上 優

 告別式の前日、ジア先生たち四名でご自宅を弔問しました。中村先生のご家族だけで最後の時を過ごしたいというご意向を尊重していましたが、アフガニスタンより同行して来日したPMS(平和医療団・日本)院長補佐のジア先生、ディダール技師の訪問のお許しを得ました。悲しみの中でのお悔やみに始まり、中村先生の事業を引き継ぐこと、そして中村先生の教えは私の心の中で生きているというジア先生を受け入れていただき,ご家族と打ち解けて話が進みました。小さなお孫さんが出てくるとジア先生は抱き上げて、嬉しそうに、また親しげに接しながら、ジャララバードのスタッフハウスで中村先生と同居していた時に孫の話がよく出ていたことなど、和やかで家族思いな中村先生の一面を披露していただきました。その後は中村先生の前で皆さんと何度も写真を撮り、またこれからの協働を約束しました。

 告別式には全国から多数の方に参列いただき、ありがとうございました。事業継続を皆様の前で誓うことができました。

追悼の辞

 中村哲先生。先生の御霊を前にお話しするなど考えもしませんでした。今の私には、先生の死を受け入れる余裕はありません。いくら力を振り絞っても、押し寄せる悲しみに圧倒されるばかりです。ですがペシャワール会の会員を代表して言葉を述べよと多くの人々が私を後押ししています。中村先生、力をお与えください。

 中村先生。 先生がヒンズークシュ山脈のティリチミールに登頂された翌年の一九七九年、トレッキングに誘っていただきましたね。足を延ばしてカイバル峠を越えてヘラートまで、さらにバーミアンまでと計画していました。しかし旧ソ連軍によるアフガン侵攻で国境が閉鎖されたと聞いて、ヒンズークシュ山脈の麓(ふもと)のギルギットに赴きました。山の中で満天の星を見ながら、命について語り明かしたのが長い交誼(こうぎ)の始まりでした。そのとき先生は、命の不平等について強い口調で語られました。山岳部にすむ貧しい人たちが簡単な病気で亡くなっていくのを見て、手を差し伸べないことの不条理さを語っておられました。

 その後先生は、一九八四年五月にペシャワール・ミッション病院に赴任されました。パキスタン北西辺境州でのハンセン病根絶計画を担うためです。ペシャワール会は、先生の医療活動を支えるために、その前年に七〇〇名の仲間が集い発足しました。

 それから三十六年の月日が経ちます。

 中村先生。幾多の困難がありましたね。当時のペシャワールには三〇〇万人を超える難民が押し寄せていました。先生は、その苦難について私たちに語ることは少なく、人の命の不平等や世の中の不条理なことについては、心の中に押し込めて、いつも前を向いて淡々と歩まれました。

 ミッション病院を出て一九八六年には、JAMS(Japan-Afghan Medical Services)を創られ、それを核にPMS基地病院を創られました。その前には、アフガン東部の、誰もでを差し伸べたことのない山岳最深部のダラエヌール、ダラエピーチ、ワマに診療所を作られました。

 二〇〇一年の9・11事件後の米軍によるアフガン空爆の時には、飢えや寒さで餓死寸前の二〇万人以上の人々に小麦粉や食料油も届け、首都のカブールに臨時診療所を五カ所作られました。

 そういう戦乱が続く中で、二〇〇〇年からは、追い討ちをかけるように大干ばつがおこりました。中村先生が井戸を掘ると言い出されたときも戸惑いましたが、農業用水路作ると言い出された時には、そんなことできるのかと不安がつのりました。先生は、それが人々の命を助けるために必要だからという理由を挙げられましたね。人を理解する深い洞察力を源泉として、分かりやすい言葉でいつも語られました。そしてそれを黙々と実践してゆかれ、井戸を掘り、用水路や堰を造り、一六、五〇〇ヘクタールの大地を緑に甦らせました。

 でも先生は、そんな大きな仕事を成し遂げたながら、おっしゃることは、とても平易なことでした。人の幸せとは、「三度のご飯が食べられて、家族がいっしょに穏やかに暮らせることだ」

 中村先生。先生が筑後川の山田堰から学んだ取水堰の伝統工法は、PMS方式という名で、アフガニスタンに根付き、将来的にはアフガニスタン全土に拡がろうとしています先生に「名誉市民証」を授与されたアフガニスタン・イスラム共和国のガニ大統領は、PMS方式こそ、農業国アフガニスタン復興の「鍵」だとおっしゃいました。

 日本では、何度も皇居に招かれて当時の天皇陛下皇后陛下に活動報告をされ、「思わぬところに理解者がおられた」と語られていましたね。

 中村先生は良心を生きてこられました。いつか「アフガニスタンにはよい人も、悪い人もよいる、が、それを含めて共に生きている」と話されました。先生は、この三五年間、アフガニスタンや日本の膨大な人々のこころの支えとして、実のある事業を完成させて来られました。そういう中で凶弾に倒れられ、尊い犠牲者になられました。

 中村先生だけでなくザイヌッラーさんも死去されました。中村先生付きのドライバーで、行動をいつも共にしていましたから、現場では右腕のような存在でした。警備の方々も亡くなられて大きな悲しみに包まれています。逝去されたすべての方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

 先生は誰も彼も分け隔てなく、丸腰で歩まれました。これも天の思し召しなのでしょうか。先生の尊い犠牲は私たちに前を向いて進めて力を込めて後押しをしています

 言葉を失って悲しみや喪失感などを越えて、押し寄せる記憶があります。先生が書かれたこと、話されたこと、言葉を交わしたこと、そしてペシャワールアフガニスタンで共に体験したこと、その昔ヒンズークシュ山脈の麓を旅したことが脳裏を駆け巡ります。支援していただいた皆様もそれぞれの「中村哲医師」との想いを共にしていただけると思います。中村先生を介してペシャワール会としてつながった人の輪があり、会員や支援者の皆様がおられます。

 私たちは先生の御霊に誓います。

 第一に、ペシャワール会中村哲先生の意思を守り事業継続に全力を挙げます。遺志ではなく、今も私たちの心の中で生きておられる中村哲先生の意思として。

 第二に、これまで中村哲先生がいつもされていたように、遠い先を見つつ、決して後ろを向かず前を向いて歩みます。様々な困難を超えてこられた中村先生は、今でも私のこころの中で語りかけてくださいます。その声と語り合いながら、会員や支援者の皆様と共に、アフガニスタンの人々、平和を望む人々と事業の支援を続けます。

 これから中村先生が目の前におられない中で、どのようにPMSの事業を維持できるか、不安ではありますが、支援してくださる人々と共に歩んでまいります。

 私は四五年前に中村哲という人に出会いました。中村哲という人が人生の横にいたことが、私の、そして多くの人々の人生の最大の幸いだったと思っています出会いが人を変える、その出会いを選択するかどうかは私たち一人一人の手にあると感じています。

 これまでのお導き、ありがとうございました。

      二〇一九年十二月十一日

    NNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNN (追悼文引用終わり)

◇絶筆記事は次回こちら:《中村哲医師 絶筆》『信じて生きる山の民ーアフガニスタンは何を啓示するのか』 - 四丁目でCan蛙~日々是好日~

 

0112占拠デモ、「米の派遣要請を拒否する韓国」「自衛隊の4年連続定員割れ」「海自中東へ出発」

◎これはヒドイ! 大人として恥ずかしい・・・こんな人がもう何年も副総理。

内田樹さんがリツイート

布施祐仁 @yujinfuse 1月12日

これがこの国の副総理が新成人にかける言葉か?他にかける言葉はないのだろうか?

今日は成人式の祭日。我が家はメールで姪っ子から連絡が入って、お昼を一緒に食べることになっていました。連休になるのを利用してお気に入りのバンドのコンサートにやってきて在阪のファン仲間と会ったり、その合間にお祖母ちゃんに会いに寄ってくれるというわけです。私は母にも声をかけて昼は4人でホットサンドにするつもりで準備。玉ねぎとジャガイモのスープと、玉ねぎとベーコンを炒め卵を絡め、もう一品はグリーンのホウレン草とベーコンに卵を絡めて2色。食パンを半分に切ってコンガリ焼いて大皿に。取り皿にパンを取ってタマネギ炒めかホウレン草炒めの具を自分で乗せて挟んで半分サイズか、具をのせて折って四分の1サイズにして食べます。あとは、バナナを輪切りにして、緑のキーウィと干し柿のオレンジ色の三食に自家製カスピ海ヨーグルトをかけたデザート。6枚切りの食パン8枚をほぼ完食。あとは、4人でおしゃべりして2時ごろ送り出して夫が車で駅まで送ることに。今年は夏にもコンサートがあるので、またその時にと言い置いて。

母が、今どきの40代前半の独身女性の生き方に少々あきれながらも、こうやって顔を見せてくれる可愛いところもあってお年玉を渡したりしているので、最近では納得している様子。お茶飲み話に「ゴーンごっこ」の話が出たり、「悪いことしてるのに英雄気取り」という母に『推定無罪』の話をしたり、ロックバンドが29年も続いていてチケットがいまだに取れないライブがあるなど色んな話題が飛び交いました。

★さて、12日の日曜日、全国7カ所で行われた「安倍やめろ」の占拠デモについて、「Occupy Shinjyuku」に参加された「特別な1日」のブログ主SPYBOYさんがデモの様子をレポートされています。写真を2枚お借りしてコピーです:

『OccupyShinjuku(新宿占拠)0112』と映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』 - 特別な1日

 f:id:cangael:20200113161056j:plain

笑顔の女性たちの中に、室井祐月さん、法政大の上西教授、社民党福島瑞穂議員や共産党の吉良議員さんの顔も。

f:id:cangael:20200113161138p:plain

◎同じく新宿占拠のデモをツィッターから:7

内田樹さんがリツイート

m TAKANO @mt3678mt 1月12日

このニュース、NHKは、ニュースWEBにも掲載していない。:外国での反政府デモは報道するのに国内のこうした動きを取り上げないのは、政府への忖度だろう。「公共放送の看板を下ろせ」と言いたい。

【「戦争に加担するな」「改憲を止める」 新宿で安倍首相退陣求めるデモ】

f:id:cangael:20200113155924j:plain

◎ お隣りの韓国はペルシャ湾への軍の派遣を断った!!そうです:「康外相は11日土曜、『韓国は、米国の同盟国だからといって、すべての問題で米国と歩調を合わせるべきということにはならない。ホルモズ海峡への軍隊派遣に関しても方針は変わらない』と語りました。」

内田樹さんがリツィート

松井計 @matsuikei 1月12日

む。対米関係についても韓国に抜かれちゃってるじゃありませんか日本の相対的凋落は凄まじいですね。

韓国が、米によるペルシャ湾への軍隊派遣要請を拒否

韓国の康 京和(カン・ギョンファ)外相が、「わが国は、アメリカのためにイランから手を引くことはできない」として、ホルモズ海峡への軍隊派遣に関するアメリカの要請を拒否しました。

f:id:cangael:20200113091854j:plain

自衛隊が4年連続の定員割れ。トップの安倍さんがあんなではね~隊員の命と自分の命に差をつけられたのでは・・・それでも慣らされると戦後は、いとも簡単に戦前に: 

内田樹さんがリツイート

▼うさみ正記 @usami_masaki 1月11日

自衛隊が4年連続の定員割れ、1万7000名が合格するも来たのは7000名 「定員に対して実員が1万3000人くらい不足」 | 情報速報ドットコム

貧困家庭に「照準」を合わせる契機にならなければいいが、、

望まない海外派兵に行かされる事態だけは避けたい 

 

▼星のしずく @DSTpnWVytBDmK1a 1月11日

戦前を彷彿とさせる気持ちの悪い写真よく見れば、国防婦人会みたいのまで動員している。結局、こういう事がしたくて自衛隊の派遣を決めたのだろう。要するに既成事実作り。

放って置くとこれが普通になる。戦前回帰に執着する者達の思惑通りに

↓↓

f:id:cangael:20200113092425j:plain